日吉 美容室 ACT Blog

日吉 美容室 ACT Blog

Just another WordPress site

1年越しの熱い熱い闘いが…始まります

LINEで送る

去年の今頃

熱き闘いが繰り広げられていました

image

まさに本日…

1年越しの熱い熱い闘いが始まろうとしています

今年も各店舗からの仮装したスタッフが登場します

今年のテーマは

「アニメ」

C-LOOP フェスタ

開幕です

スタッフが仮装した姿を

お楽しみしててください

ACT WEB担当&スタイリスト 野崎 泰亮

ノンシリコンって?

LINEで送る

基本中の基礎知識

シャンプー剤の構成成分

image

良く耳にする「ノンシリコンシャンプーを使ってます」でも「髪の毛が軋むんです

良く耳に聞くワードです。

そもそも…いまさら…

シリコンシャンプーって

だいたいの大手メーカーの市販のシャンプーには高い確率でシリコン(シリコーン)が配合されています。
シャンプーやコンディショナーに配合されているシリコン(シリコーン)は、洗髪中に髪の毛のきしみを抑えながら、すすぎ時の指通りをなめらかにし、洗髪中に髪の毛のダメージを軽減する効果をがあります。

それに比べて

ノンシリコンシャンプーって

ノンシリコンシャンプーを使っている方なら経験があるはず。
それはシャンプーがスムーズにできないこと。指通りがつかえたり引っかかったり、髪の毛がキシキシきしんだりしませんか?

多くの、ノンシリコンシャンプー

界面活性剤が品質の低いタイプのものだからです。

image
「高級アルコール硫酸塩/スルホン酸塩型」の界面活性剤は市販のシャンプーに配合される原価の安い界面活性剤で洗浄力が高いため、髪の油分を過剰に脱脂してしまうために「きしみ」などの原因に。

つまり!!!

ノンシリコンシャンプーは界面活性剤の洗浄力が高すぎるため、髪に必要な油分なども取り去っってしまい摩擦が生じる。

その問題を解決する為のシリコンの配合のシャンプーなのですが…
そもそもシリコン(シリコーン)が有無の問題の前に
市販のシャンプーに使われている洗浄主成分の

硫酸塩

&

スルホン酸塩タイプの界面活性剤は

高い洗浄力

泡立ちが良い

刺激性がある

などの特長があるので敏感肌の人や髪の毛にダメージがある人にはダメージが促進してしまう恐れもあるので向かないかもしれません。

1.つまり、洗浄力主成分が強くて必要な油分を取り去ってしまい摩擦が起きてしまう、きしんでしまい手触りが悪いノンシリコンシャンプー。

2.その問題を解決する。手触りよし、ツヤよし、おまけにサラサラにしてくれるシリコン(シリコーン)配合シャンプー。

どちらにしろ、主成分、洗浄力が強い問題がある。

少なくとも市販のシャンプーを使うならノンシリコンよりは、配合してる方が良いかもって思えると思います。

洗浄主成分の界面活性剤によってはシリコンがなくても大丈夫!!

最近良く見かけるようになりました。

アミノ酸系

高品質の界面活性剤の

シャンプーです。

低洗浄力で髪の摩擦を促進することもありません。
サロン専売品シャンプーや、やや高額のシャンプーなどに配合されています。

結果

シリコン(シリコーン)の有無ではなく

洗浄主成分の種類で選ぶのが正解

主成分が良ければシリコンは基本入ってない物も多く入っていたとしても全く害があるものではありません。

髪の毛のダメージが気になる方は、シャンプーの選び方を変えるとこからスタートしましょう。

ACT WEB担当&スタイリスト 野崎 泰亮

ホームページ http://cu-act.jp

Facebookページ https://www.facebook.com/cloop.act?fref=pb&hc_location=profile_browser

Instagram https://instagram.com/cuact/